■ タービン試験機導入

2017年 8月


 水力発電は、場所ごとに落差や水量が異なるので、それぞれに適したタービン(水車)を開発しないと効率を上げられません。しかし、現地に据え付けて設計どおりの性能が出なかったら手直しが大変です。

 そこで、製作したタービンの性能を、水量や圧力を変化させて測定できる設備を導入しました。

 30kWまでのタービン性能を測定可能で、私たちと同じような目標をもつ団体にも貸し出す予定です。 

■ 町施設の屋根で太陽光発電

2018年 3月


 自然エネルギー事業を続ける上で、小水力発電の初期投資金額の大きさは重荷でした。

 そこで町施設の屋根貸し事業に応募し、体育館・福祉施設・集会所などの屋根に太陽光パネルを載せる提案が採用されました。

 事業終了後の撤去費用も積立て、災害時には各施設が非常用電源として無償で使えるなど、環境や地域への配慮も盛り込んでいます。


 全9施設で合計324kW、約100世帯分の電力を供給中です。

ホーム

ニュース

歩み1

歩み2

協議会

会社

株主総会

発電所1

発電所2

発電所3

発電所4

ホームhomu.html
ニュースnyusu.html
歩み1bumi1.html
歩み2
協議会xie_yi_hui.html
会社hui_she.html
株主総会zhu_zhu_zong_hui.html
発電所1fa_dian_suo1.html
発電所2fa_dian_suo2.html
発電所3fa_dian_suo3.html
発電所4fa_dian_suo4.html